一年で最も素晴らしい季節がやってきました。まだクリスマス気分を感じていない方は、この動画を見ると一気にそんな気分になるでしょう。オーギル一家は毎年、見る人を笑顔にさせる、ダンスの動画を撮影します。

今年の動画は、ネットに配信されてからほんの数日の間に数十万ビューを記録しました。説明はさておき、まずは実際に動画をご覧ください。


クリスマスダンスの伝統を始める

28歳のアンモン・オーギル(ダンス冒頭の長身の男性)は、2012年に妹のケイリンとこの動画の伝統を始めたそうです。「はじめの年は兄妹のうち5人しか参加しませんでしたが、どれだけ楽しいものかを目にして、全員参加したがるようになりました」と、インタビューに答えたアンモンは言います。「誰ひとり、プロのダンサーではありません。ダンスのレッスンを受けたこともありません。(笑) ただわたしたちみんな(まぁ、ほぼみんな)ダンスが好きなだけです。」

プロのような経験はなくても、アンモンとケイリンの振付の技術はなかなかのものです。アンモンいわく、一家は1日半で振付を覚えたそうです。そして感謝祭の時期に動画を撮影したそうです。

これまでで一番の成功作の2015年の動画は、YouTubeで4万回以上再生されています。「コメントやメッセージをチェックすることにかなりはまっていましたね。そのあとの2年も人気が続いてきたことには驚いています」とアンモンは言います。しかし、実際に動画を見た人にとっては、その人気ぶりに驚きはないでしょう。一家の素晴らしさは一目瞭然です。

2015年の動画をよく見ると、ダンサーたちの背景の壁に、モルモン教の人気スローガンとも言える「家族は永遠に」という言葉が飾ってあるのが見えます。そして、オーギル一家にとっても家族はとても重要です。「このクリスマスの時期を、家族で過ごしましょう! 家族は最も大切な存在だからです」とアンモンは言います。

まだまだクリスマス気分を味わいたい人のために、オーギル家の過去の動画も紹介します。


2016


2015


2014


2013


2012

この記事はもともとDavid Snellによって書かれ、ldsmag.comに投稿されました。