子供ができる前に父親になることを不安に思う人は、楽しみにしていてください。わたしは実際に父親になるまで、本当の心配事が何か理解していませんでした。もちろん、これまでの人生で怖れたり不安になったりするような状況はたくさんありましたが、子供という小さな魂の責任を授かったとき、心配事は何十倍にも増しました。でも、同時に喜びと人生の目的も増えました。

人は、自分でコントロールできないことを怖れるものです。すべての父親は自分の子どもをコントロールできないと分かっています。子どもが幼いころは手綱をつけておくことができるかもしれませんが、成長し、神様から与えられた自由を手にし始めると、父親にできることは子供たちが人生において良い選びをすることができるように、彼らをきちんと鍛錬したと信じるのみです。

大きな期待からくる怖れ

父親が抱える最大の怖れは、子どもが神様から与えられたポテンシャル以下の人間にならずに、ポテンシャルを十分に発揮してほしいという望みでできています。父親は子供が悪い選択をした結果苦しむ姿や、幸せになる機会を自ら手放す姿を見たくはありません。しかし、中には完璧な子供を育てることができると思っている父親もいます。時折父親は子どもを愛するばかりに、自分が子どもにとって最善だと信じている生き方を子供に押し付けようとしてしまいます。そのような状況を目にしたことがあるでしょう。父親が、息子や娘にどの学校へ行き、どのスポーツを習い、どの楽器を弾くのかを指図をする状況です。子供にとって最善の職業は医師か弁護士、または歯科医か会計士と決めつけている状況です。父親は自分の期待に沿うようなキャリアの選択肢を整えるため努力します。それは愛ゆえの行動ですが、怖れからの行動でもあります。父親は、純朴で世間知らずのまだ幼い子供が幸福へと導く選択をしないことを怖れ、子供のために成功へのレールを敷こうとします。しかし、父親にとっての幸せが、子供にとっての幸せとはまったく違っていたらどうでしょうか。父親の決めつけと強制は、子供の人生にとってかえって逆効果だったり、しまいには悲惨な結果をもたらしてしまうかもしれません。

自分の叶わなかった夢を託す

それと似たように、子供を通して第二の人生を送ろうとする父親もいます。子供に厳しくしすぎることで、彼らはかつて楽しんでいた気持ちを忘れてしまいます。近所の野球場に行けば、自分が若いころには才能がなかったため、もしくはあのころの栄光を思い出したいために、息子に思いを託す「野球少年の父親たち」が大勢います。わたし自身も、子供が他の父親や審判と些細なことをめぐってけんかをする父親のそばに立っている姿を目にしてきました。そのような行動は、子供の人生を惨めなものにし、父と子の間に憤りを生みかねません。その憤りは、子供が成長するまで姿を見せないものです。表に出てきた時には、すでにダメージは大きく、気持ちを消すのは難しいでしょう。

怖れから開放され、息子自身に選ばせた結果わたしが得た喜び

わたしは4歳から22歳まで、まじめに野球をしていました。22歳のとき、大学の奨学金やメジャーリーグのスカウトを蹴って伝道に出ました。そんなわたしはいつも、自分の息子も当然父親のように野球をし、自分よりももっと優れた選手になると思っていました。守備や盗塁、打撃も血筋のおかげでお手の物だろうと思っていました。息子がピッチャーマウンドに立って三振をとる姿を見て、とても嬉しかったです。息子は7歳のとき、リトルリーグの選抜チームに選ばれました。そしわたしに、野球をしてもしなくても、どっちでもいいと思っていると無邪気に言いました。わたしは、自分の子どもがしたくないことを無理やりさせるような父親になりたくありませんでした。今では息子は、バイオリンとギターを弾き、水泳やサーフィンを楽しみ、世界レベルの合唱団や楽団で演奏しています。彼はそんな人生を満喫しています。今でもわたしは、グローブの香りを感じたり、バッティングの音を聞いたり、刈られたばかりの芝やグラウンドの土の感触を感じると興奮するでしょうか?もちろんです。しかしそれは、アメリカ中のコンサートホールで演奏し、音楽を通して多くの人を喜ばせ、心から歌を歌い、輝く息子の姿を目にするときとは比べ物になりません。

重要なのは、父親がわが子に、自分が最善だと思う人生を歩むことを強制しないように折り合いをつけることです。子供が得意なこと、楽しんでやっていること、もっと上達して世界中に見せたいと思うことに引きつけられるように助けることです。数学者が芸術家になるように、企業家が歯科医になるように、サッカー選手がプロゴルファーになるようにと強制するのは無理なことです。時に、父親が持つ、子供がどんな人間に成長するのかという怖れが、彼らを助けるかわりに傷つけることになります。父親は子供が自分探しをできるような機会を与え、彼らのそばに立ち、必要なときはアドバイスする備えをしておくべきです。子供が何を選んでも、批判してはいけません。批判することで、むしろ子供はそれを続けたいと思うようなります。代わりに、子供が許してくれる間は彼らをサポートし、共に楽しみ、激励しましょう。

 

この記事はもともとGreg Trimbleによって書かれ、ldsliving.comに”Viral LDS Blogger Shares His Biggest Fear (and Joy) as a Dad” の題名で投稿されました。

日本語©2018 LDS Living, A Division of Deseret Book Company | Englsih ©2018 LDS Living, A Division of Deseret Book Company