2017年12月4日、福祉センターにおいてドナルド・トランプ大統領は教会幹部と宗教の自由と世界的規模の教会の人道支援プログラムについて語り合いました。

トランプ大統領、モルモン教会の福祉ツアー体験

大統領が対面したのは大管長会ヘンリー・B・アイリング管長、十二使徒定員会ラッセル・M・ネルソン会長、管理ビショップのジェラルド・コセービショップ、中央扶助協会ジーン・B・ビンガム姉妹です。

午前中の遅い時間帯に非公開会議が開かれ、出席した教会指導者たちとトランプ大統領、オリン・ハッチ上院議員(ユタ共和党)は宗教の自由と教会の人道支援プログラムについて話し合いました。大統領は教会の人道支援活動や、心臓外科として名高いネルソン会長の功績を称えました。

モルモンニュースルームのニュースリリースによると、アイリング管長は大統領に、福祉センターに保管されたり、そこで生産された食料品と物資は困っている人を助けるためにあることを伝えました。

「これは私たちが行なっていることのごく一部です。わたしたちには神への義務があります。それはわたしたちの助けがなければ恐らく貧困や空腹などの窮地に陥っているだろう人々に手を差し伸べることだと考えています。」とアイリング管長は話されました。

トランプ大統領はビショップの倉を見学したときに、カートを押しながら農産物などの食品をカートに入れました。大統領はデゼレトベーカリーで奉仕しているボランティアの人たちに声を掛けて握手し、記念撮影を行いました。

トランプ大統領と記念撮影をするボランティア

「これはとても素晴らしいことだと思います」とトランプ大統領はニュースルームリポートに語りました。『あなたがたが成し遂げたことは想像を超えるものです。あなたがたのように人々のことを心にかけたり、世界中の人々に敬意を抱いている様子はいまだかつて見たことがありません。』

大統領訪問を記念してアイリング管長はトランプ大統領にクリスタル像を贈呈しました。

その後に、アイリング管長とネルソン会長は大統領が訪問中に教会の教義を紹介したと話されました。

トランプ大統領はユタ州のベアーズ・エアーズ国定公園とグランドステアケース エスカランテ国立公園を縮小することを発表するためにソルトレイクシティを訪問しました。

トランプ大統領の名前は、教会本部を訪問した大統領の長いリストに加えられました。リストの最初に名前があげられるのは、1875年のユリシーズ・S・グラント大統領でした。

1875年10月2日、グラント大統領はソルトレークを訪問した際にジョージ・Q・キャノン大管長会顧問と対談し、テンプルスクエアを見学したと言われています。

その後も歴代大統領らがソルトレイクシティの教会本部や教会が所有する施設を訪問しました。

ラザフォード・ヘイズ大統領(1890)、ベンジャミン・ハリソン大統領(1891)、セオドア・ルーズベルト大統領(1903)、ウイリアム・H・タフト大統領(1909、1911)、ウッドロウ・ウィルソン大統領(1919)、ウォレン・G・ハーディング大統領(1923)、ハーバート・フーバー大統領(1932)、ハリー・S・トルーマン大統領(1945、1948、1952)、ジョン・F・ケネディ大統領(1963)、リンドン・B・ジョンソン大統領(1964)、リチャード・ニクソン大統領(1970)、ジェラルド・フォード大統領(1974)、ジミー・カーター大統領(1978)、ロナルド・レーガン大統領(1982、1984)、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領(1991、1992)、ジョージ・W・ブッシュ大統領(2002、2005、2006、2008)、バラク・オバマ大統領(2015)。

LDSチャーチニュースは末日聖徒イエス・キリスト教会の公式な出版社です。出版物は教会の教義、原則、慣習を支持するものです。

この記事はJason Swensenによって書かれ、Deseret Newsに投稿されたものです。
(ジェーソン・スウェンセンはデゼレトニュースの記者です。彼はLDSチャーチニュースの記者でもあり編集者でもあります。)

(Visited 63 times, 1 visits today)