カテゴリー: 教会

訪問者大歓迎:日曜日のモルモン教会礼拝入門編

日曜日にモルモン教会礼拝を経験して見たいと思っても、一人だったり、初めてだと不安になりますよね?ここでは、日曜日の詳しい流れや、身だしなみ、献金はするのかなど細かなことを紹介します。モルモン教の教会は信者のためだけにあるのではなく、地域の人たちが一体となり助け合ったり、安心できたりする場所です。

2017年イースターキャンペーン

2017年イースターはどうお過ごしでしょうか?イースターの意味を考えることができましたか?イエス・キリストの復活をお祝いするイースターの風習。その歴史と意味。あなたの生活にどんな意味をもたらしたのかを紹介します。あなたの生活にイエス・キリストを見つけることができますように。

モルモン教の信仰を選んだわけではありませんでしたが……

父と母はわたしが小学生の時にスーツ姿で笑顔の二人組の宣教師に出会い、バプテスマを受けました。わたしは子供だったので、はっきりと自分で選んだわけではありませんでしたが、親と一緒に改宗しました。はじめは女の子やスポーツ目当てで通っていました。成長していくと自分で教会に残るか離れるか決めなければなりませんでした。

今までで一番高価なプレゼント

「メリークリスマス」と弱々しい声で訪ねてきた友人。「これ、クリスマスプレゼント。。。」と言ってラッピングされてない、ただのビニール袋に入ったものを僕に渡す。中には100均で買ったであろうレシートも。一体何なんだと思ったわたしの思いは、それから後いっぺんにして僕の価値観を変えた。一番高価なプレゼントになったのだ。

大管長会、会員たちに2016年のクリスマスディボーショナルを視聴するよう招く

クリスマス・スピリット、クリスマス精神って何?12月第1週の日曜日には毎年モルモン教の指導者たちからの特別なメッセージと世界的に有名なタバナクル合唱団の素晴らしいクリスマスソングが聞けます。このディボーショナルはご自宅のインターネットからも視聴することができます。

ハロウィンパーティー:子どもの安全・安心・楽しい!

ハロウィンはとっても楽しいイベントですが、同時に少し危険が伴う夜のイベント。特にお子さんをお持ちのかたは心配ですよね?モルモン教の教会では、子どもの安全も考えて、楽しいハロウィンパーティーを無料で開催しています。本場の外国からの宣教師もいて、毎年大盛り上がり。お問い合わせは地元の教会まで!

宣教師の証を音楽で聞く

名古屋伝道部ではモルモンショーという無料のコンサートツアーを定期的に行っている。パフォーマーの大半はアメリカから来ている若い宣教師たち。音楽の才能あふれる彼らが、はちきれんばかりの笑顔と元気でポップス、フォーク、賛美歌など様々なジャンルの音楽で観客を魅了する。

総大会ー天からのインスピレーション(子どもも一緒に!)

よくカウンセリングやセラピーでもHigher Power (人より偉大な存在)を知り、そこから生活の中で力を借りるということが話され、実践されます。これには、多少なりともトレーニングみたいなものが必要とされます。(よく使われるのが、12 steps ですね。) でも、今日は「聴くだけ」で、今の自分に何が必要か分かる方法を紹介したいと思います。 総大会...

Loading

Facebook

モルモン教

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報、イベント、ミームやブログを紹介しています。
モルモン教
モルモン教水曜日, 4月 18th, 2018 at 3:00pm
末日聖徒イエスキリスト教会主催の中学3年生と高校生対象のイベントが8月に各地で行われます。誰でも参加できるので、興味のある方はウェブサイトから申し込みしてみませんか?
モルモン教
モルモン教月曜日, 4月 16th, 2018 at 3:00pm
お祈りは声をだしても心の中でも、どこにいてもすることができます。ぜひやってみましょう。
モルモン教
モルモン教土曜日, 4月 14th, 2018 at 3:01pm
神殿とは何か、なぜモルモンは世界中で建てているのかについて説明しています。
モルモン教
モルモン教
モルモン教水曜日, 4月 11th, 2018 at 3:00pm
モルモン書を初めて読む時にとても役に立つ記事です。人生で考える質問とその答えの聖句をまとめてPDFでダウンロードもできるのでぜひ活用しましょう。
モルモン教
モルモン教土曜日, 4月 7th, 2018 at 3:00pm
総大会の話を聞いている時に覚えておきたい言葉です。
著作権 © 2018 モルモン教. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest