カテゴリー: お勧め

父親は子供の心を先祖に向けさせる

わたしの父親は記録することに重きを置きます。モルモン教の会員で家族や先祖を大切にする教えの実践の一つだと思いますが、仕事などで忙しい時でも、毎日わたしたち4人の子供のためにそれぞれの日記を書いてくれました。また、子供の記録だけではなく、先祖の記録から奇跡的な繋がりも生まれました。

ナチス親衛隊とホロコーストの生存者が恋に落ち教会を見出すまで

アグネスはユダヤ人の先祖のため、ユダヤ人として見なされ、強制収容所に贈られました。グスタフはナチ党がどんなものか知らずに入りました。二人とも戦争時、奇跡的に命を繋いでいきました。自分の真理を大切にし、時には命をかけてでも正しいことを行いました。

よい父親になるためのコツとは?

父親という役割は誰にとっても大変なものです。どのように子どもと向き合えばいいのか、また自分がよい父親かどうかを振り返る4つの質問から考えます。

Loading

Facebook

モルモン教

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報、イベント、ミームやブログを紹介しています。
モルモン教
モルモン教日曜日, 6月 17th, 2018 at 3:02pm
モルモンチャンネルから息子と父親の関係について。よい父の日になりますように。
モルモン教
モルモン教
モルモン教土曜日, 6月 16th, 2018 at 3:00pm
父親の素晴らしい影響に感謝しています。
モルモン教
モルモン教金曜日, 6月 15th, 2018 at 3:00pm
宣教師ジョニー・デップにモルモン書をわたす
歌手アレックス・ボイエがチャールズ皇太子にモルモン書を渡したことや、エルビス・プレスリーがファンからモルモン書をもらったことがあることを耳にしたことがあるかも知れません。

しかし、白いワイシャツにネクタイを締めた宣教師がジョニー・デップにモルモン書を渡したことについてご存知でしょうか?

2012年6月22日、コロラド州クリードにて映画『ローン・レンジャー』の撮影後のジョニー・デップは、サイン会中にふたりの宣教師に会いました。トゥルードー長老とワイルド長老です。

支部の伝道主任であるライル・トゥオティと共にイベントに出席した宣教師たちに、ジョニー・デップは彼らのネームタグについて質問しました。同じくイベントに参加していたコロラド州クリードにあるデルノートノース支部の会員であるタイアナ・M・スミスはこういいます。「ワイルド長老がモルモン書を受け取ってくれるかと聞くと、デップは『いいよ。』と答えました。そして宣教師たちがもっていたもう一冊のモルモン書にサインをしました。」
そしてスミスによると、デップはイベント中大変忍耐強く、フレンドリーで宣教師との別れ際に「本ありがとうね。」とまで言ったそうです。

この記事はもともとKatie Lambertによって書かれ、ldsliving.comに"When 2 Missionaries Met Johnny Depp, Gave Him a Book of Mormon" の題名で投稿されました。
モルモン教
モルモン教木曜日, 6月 14th, 2018 at 3:00pm
神様は本当に人と話すのでしょうか?ネルソン大管長は誰でも神様と話すことができると教えています。
関連記事はこちら
https://buff.ly/2rJLYGN
モルモン教
モルモン教
モルモン教火曜日, 6月 12th, 2018 at 3:00pm
ボランティアで愛することについて学んだ教訓
著作権 © 2018 モルモン教. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest